生活が苦しい?生きるのがつらい?私がお金の苦労をしてみて気付いたこと。

いいね!と思ったらシェアしてね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も無事に一日を過ごすことができました。神様、有難う御座います!!

こんばんは、嫁のルイです。夫カズローはこのブログが出来たことも知らずに、のほほんとソファーでスマホを眺めておるwまさか、ここで我が家の恥ずかしい日常を世間に晒されているなんて、思ってもいないだろう。

さて、この記事を読んで下さってる方はどうやって辿り着いたんでしょ?もしかしたら「生活が苦しいな~」「生きてるのがつらいな~」と感じていらっしゃる方ではないでしょうか。

私もちょっと前までは、ふと生きてるのがつらくなり、泣きながらパソコンの検索窓に「生きる つらい」とか「生活 不安」とか入れて、いろんな人のブログを読んだりしてた。

少し気が楽になる事もあったけど、ほとんどの場合はそこに自分に当てはまる答えがあるわけでもなく何も解決はしなかったな。そりゃそうよね、自分の今の状況なんて自分以外の誰にもわからないんだから。解決方法なんて誰にもわかりゃしない。

しかし!今の私はもう不安で押しつぶされそうになったり泣いたりしていない。むしろ人生が楽しくて思わず笑っちゃうくらいだ。

かと言って、不安や恐怖にさいなまれてネットの世界をさまよってた時の私と、今の私と、何か環境や状況が変わったかと言えば「何も変わってない」

今だって、明日をもわからぬ状況で、まさにサバイバル生活真っ只中なんだけどw

じゃあ、何がどうしたのかって?

「環境や状況が変わらないと不安や恐怖はなくならない、という思い込みがなくなった」ただそれだけ。

今の状況が大変なのは「現実」、その先の不安や恐怖は「妄想」。これから先のことなんて誰にもわからない。まだ無いんだもん。存在してないからね。ありもしない、まだ生まれてもいないものを勝手に想像して不安になっても意味はない。ましてやそれを怖がるなんてエネルギーの無駄遣い。そんなことに消耗するくらいなら・・・

今できることに集中するべし!

不安や恐怖を消す一番の方法は、「過去とか未来とか言ってないで、今できることに集中する」そして、「今あるものに気付くこと」…これだ。

3500万円はドブに捨てたのではなく、人生の授業料だった

今だからこそ、そんな風に考えることができるようになったけど、こうなるのにはかれこれ2年くらいはかかったかも。

3500万円って何かというと、住宅ローンのこと。

数年前までごくごく普通のサラリーマン家庭だった我が家、もうずいぶん前だけど夢のマイホームを建てた。一級建築士に設計してもらったこだわりの注文建築。真っ白な珪藻土の壁に無垢のフローリング。高い天井のリビングには、広いロフトの書斎も作った。理想通りの夢のマイホーム。

35年ローンを組んで、夫は人生で一番高い買い物をした。

…でも、うちらは、もうそこに住んでない

私のわがままで、マイホームを置いて家族で引っ越してしまった。今は東京の、家族四人にはどう見ても狭すぎる古いマンションで賃貸生活をしてる。そして、ローンは払い続けてる。それもこれも、私の「なんでもテキトー」に決めてしまう浅はかさが招いた事。

旦那の両親との『同居』を、「ま、なんとかなるでしょ♪」と気軽なノリで決めてしまったんだ。その浅はかな行動が、今のサバイバル生活の発端となってしまったわけだ。

3500万のローンを払い続けながらの、賃貸マンション暮らし。二重の住居費が重くのしかかってくる生活に突入した。それこそ、タワーマンションに住めるくらいの住居費負担だ。

そんな最中に、夫は失業。私も大きな収入源を同時にいくつも失い、大幅に収入が減った。完全に収支バランスが崩れ去った

貯金はあっという間に底をつき、保険も全て解約。その解約返戻金さえ、生活費に消えていった。さらになけなしのお金を人に貸して、全く返ってこないまま音沙汰無し、というような出来事にも遭遇。

ことごとく、全てがなくなっていった。

…と思ったんだけど…

実は、この-3500万円のおかげで、私達夫婦は本当に大事なことに気付くことができたと、今では思ってる。まさに、「3500万円の授業料」だ。今でも毎月払い続けている授業料は、自分の人生にとって、全く無駄ではなかったんだな。

全てを失ってみたら、あるものに気付いてしまった

お金というお金が根こそぎなくなって、マイホームにも住めなくなってローンだけが残った。売れるものは全部売り、要らないものは全部手放した。それでも赤字続きで食べ盛りの子ども達のための食費にも事欠く日々。

まさにすっからかん。アラフォーにしてすっからかんになってしまった。気持ちいいほどに、何もない。全てを失った。もう失うものは何もない…

と思ったんだけど、違った。

なくなったと思ったら、「あるもの」に気付いた

今あるもの。

我が家の場合は、元気な子ども達!笑顔!健康!

古くて狭くたって寝る場所もある。毎日両サイドを子どもに挟まれながら、川の字になって寝るのがめちゃくちゃ幸せだ。狭い家だからこその幸せ。そして、朝起きたら太陽が降り注いでくれる。

御飯も食べられている。最近は粗食だけど、それはそれで健康にいいはず。

周りにはいつも助けてくれる友人がいる。尊敬すべき人もたくさんいる。お金がなくたって別に関係は何も変わらない。

本を読んで勉強もできるし、パソコンでブログも書ける。新しいチャレンジも可能だ。チャンスだって探せばたくさん転がってる。

今日も無事に過ごすことができ、家族みんなで明日の朝を迎えることができる。

病気の母が今日はいつもより食事を取ることができた、と姉から連絡があった。今日も生きていてくれた。なんて有難いんだ。

他にも、探せばどれだけあるだろうか?失っていないもの。今あるものが。そして、絶対に失いたくない大切な物。お金なんてあろうがなかろうが、関係ない。当たり前にあるからなかなか気付けないけど、結局もともとあるもので最後まで残るもの。それこそ一番何にも代えがたい大切な物。それは人それぞれ違うだろうけど。

今あるものに気付き、それが幸せなんだと気付くこと…これができれば、人生は本当に輝きはじめる。たとえすっからかんでも(笑)

今あるもの、今できることに集中しよう

私は借金背負ってお金がすっからかんになってから初めて気付いたけど、別に何かを失わなくても気付ける人は気付けるはず。

私の場合は3500万円の授業料が必要だった。そうしないと気付かないから(笑)

でも、これを読んでいるあなたは一円も授業料を払わずに気付けてしまうかもしれない。人によって授業料が変わるみたいなので(涙)

生活が苦しい、生きるのがつらい…そう思っているとしたら、「ないもの」じゃなくて「あるもの」に気付いてみて欲しい

このブログを読めるパソコンもしくはスマホがある。字が読める。視力もある。電気が繋がっている。まだブログを読もうとする気力がある。時間もある。

そうしたら、今できることは何だろう。生活が苦しいなら、その苦しさの原因は何か?生きるのがつらいなら、そのつらさの原因は何か?お金?人間関係?環境?何を変えれば苦しくなくなるだろうか。つらさが軽くなるだろうか。

明日におびえる必要はなし!今あるもので、今できることに集中する。そしてもし、自分一人ではできない、わからない、と思ったら「出来る人」「わかる人」に頼る

私もたくさんの人に頼って今生きている。わからないことを聞ける人を作るのは人生の不安をなくす一番の近道だと言ってもいい。人は一人では何もできないのだから。

おわりに

初回から、ディープな話題になってしまったけど、基本的に我が家はノー天気、ノーストレス、ノーマネー(笑)←これは早いとこ解消したいが。

とにかく今の状況を必死で乗り越えながら、人生を楽しんでます。

てか、ヒーヒー言いながらやっておりますw

このブログは、数年前の私に向けて書いているような気持ち。人生楽しめるようになるから大丈夫だよーって。

人生楽しめば人生楽しんでる人が集まってくる。そうすると、どんどん運気が上がる。お金がなくても楽しい毎日が送れてしまう

んで、お金は後からついてくる、はず!!!…これ、なぜか確信。

「今あるものに気付き、今やれることに集中し、今の自分を信じること。」こういう日々は、本当に楽しくて幸せだよ。

私がお金の苦労をして気付けたこと。他にもたくさんあるのでこれからブログでお伝えしていきますね♪

いいね!と思ったらシェアしてね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする