人生を変えるのは歯を磨くのと同じくらいカンタンだって気付いた話

いいね!と思ったらシェアしてね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、バチーンときた。

なにかと言うと、「人生を変える方法」

みんなそれぞれどんな風に人生を変えたいかは違う。だが、何をするにも当てはまる一番カンタンな方法を見つけた

どうも!嫁のルイです。旦那はすでにスピースピー言いながら、居間のソファベッドで寝ておる。私は今日のブログが書けていないことにモヤモヤしつつ、子どもを寝かせながら、ふとこんなこと考えた。「人生を変える方法ってなんだろうなぁー」って。

人って過去→現在→未来ってずっと連続した存在なわけで、ある日突然それまでの自分がガラリと変わり、違う未来が始まる…なんてことは、なかなかない。

例えば旦那。「ブラック企業にいるのは嫌だ嫌だ!」と言いながら、今日も特に何も変わらず、仕事を終えて帰って飯食って酒飲んで寝ている。そして、もちろん明日になれば、またブラック企業行きの朝が始まる。

つまり、明日に繋がる「今」何らかのアクションをしなければこれから先1mmも変わらないわけだ。人生を変える何かをね。でも一体何をすればいい?!

まずは、どうなりたいかだ。自分は半年後、1年後どうなっていたいのかが決まってないとアクションのしようがない。
私は明日の先の先の先、「ネットを中心に生計を立てている自分」になろうとしている。だからこのブログを立上げ、収入が入ってくる形を作ろうと決めた。

…って、ここまでは誰でもできる。

じゃあ、どうして上手くいく人といかない人がいるんだろう。

ブログで飯を食えてる人と食えてない人の違いってなんだろうかと思い、のそのそ起き出して「ブロガーとは」って検索窓に入れて出てきた記事をツラツラ読んでた。

そしたら、「カンタンだけど誰もが出来ないこと」をやってる人がうまくいってるんだという事に気付いた。で、これって、他のどんなことにも当てはまるということにも。

ブログとトイレ掃除の因果関係

私は家事が苦手だ。プロポーズされた時「いいけど、私、家事とか全然ダメかもよ。大丈夫?」って聞いたくらい。旦那はその時、私の虜(とりこ)だったから、「そんなの関係ないよ^^」って爽やかに言い切ってたけど、きっとその後何度かは後悔した日があることだろう。

そして、つい最近まで(特に引っ越しするまで)掃除が特に苦手で、気付くと部屋の中が雑然として、モノに溢れている…という状態になっていた。

しかし東京に越してきてサバイバルな生活をしている中で、そんな自分を変えたいと思った。こんなサバイバルな毎日だけど、せめて家の中だけはもうちょっと整えておきたいなと。古くて狭くてモノだらけ…じゃ、心の休まる場所もない。

それまでは、「一念発起して大掃除するものの、また時間が経てばぐちゃぐちゃになる」…という繰り返しだったんだけど、「家の中を整える自分になる」と決めて、日々少しでも綺麗にする行動を繰り返すようになってから、家の中はそこそこ整うようになっていった。

時々思いついた時に全力でやるのではなく、毎日小さなことを必ずやる、これが重要なポイントだ。

特に、私の中で一番大事なのが「トイレ掃除」旦那の生霊事件もあったし、トイレに神様がいるとかトイレ掃除は金運アップとかって聞くし、とにかく他の場所まで手が回らなくてもトイレだけはピカピカにしよう!と決めた。そして、朝、まずトイレを掃除するようになった。

最初はなかなか続かずサボったりしていたものの、だんだんトイレ掃除が歯磨きくらいに当たり前になってきて、できない日は気持ち悪くなってきた。

そして、毎日磨き続けていたところ、ある時便器が鏡面のように光を放ち、そのあまりの輝きに感動して歓声をあげたくなった。とにかく清々しいったらない。私の心も日々の便器と共に掃除されていたのかもしれない。

一つ習慣化できると他のことも習慣化しやすくなる

すると、トイレだけでなくそれ以外の水回りが気になり、玄関も綺麗にしたくなる…と、いつの間にか、結構掃除好きな自分に変わっていた。

これが、まさに習慣の力だ。そしてこれこそが、人生を変える唯一の方法なのだ。

そう、今日バチーンときたのは、「習慣化が人生を変える方法…ブログも一緒じゃん!」って気づいたこと。

今までの自分には「毎日書く」という習慣がないから、最初は1記事書くのも大変。でも、やること自体は決して難しいことではない。記事を書くだけなんだから。しかも一日に10記事100記事書けーー!!なんていう鬼のような目標ではない。とにかく一日1記事コツコツ上げる、というシンプルな目標なのだ。

トイレ掃除と同じように、とにかく続けるだけ。書かないと気持ち悪い、書くとスッキリ清々しい、という境地にいくまで。習慣化してしまえば、なりたい自分への道が拓かれたも同然。人生はそこから変わっていく。

地味な事を変態レベルでやる人が成功する

習慣化は人生を変える一番の方法。だけど、ただ変わるだけじゃなく「成功レベル」にいくには、さらにもうちょい「習慣レベル」もアップしなければならない。

どのくらいアップが必要かと言うと、変態レベル、だよねw

今までいろんな成功者にお会いする機会があったが、みんな変態かと思った。超地味なことを圧倒的な作業量で毎日鬼のようにやっているんだから。

しかも、それを歯磨きのように習慣にしているんだ。最強だよね。

人生を変える、という意味では、「毎日ブログを書く」を習慣にして継続することができれば、「ブロガー」としての自分の人生は一応形になっていくだろう。

だけどそれでは何とか小銭稼ぎくらいはできたとしても、イケダハヤトさんのようには、絶対なれない。誰もができる作業を誰も真似できないくらいやらないと、絶対に成功はない。それが現実。

さて、自分はどこまでの習慣レベルを身に付けることができるだろう。最初は「見習い」レベルからのスタートでも、自分に限界を設定しなければ「変態レベル」だって目指せるはずなんだよな。やると決める勇気があるだろうか。

おわりに

人生を変えるカンタンな方法、いかがでした?カンタンだ、何かやってみよう!って思った?それとも、自分には関係ないって思った?

なんでも、大切なことってシンプルだよね。でもそれをやるかどうかで大違い。

例えば、トイレ掃除一つにしても、スピリチュアルなのかとか精神論とかどーのこーのはいいから、まず素直にやってみるといいよ。やることはカンタンだしタダだし綺麗になるし気持ちいいし。特にやって損はない。そして、続けていくうちに、あーーそういうことなのか、って自分なりの何かがちゃんと見えてくるものだ。

ブログも、続けてみると色々見えてくるんだろうな。これからどんな発見があるのか、ちょっと楽しみだ。トイレ掃除の習慣化ができたから、次はブログもできる。一つの習慣化の成功体験は、次の習慣化に繋がっていく

…ちなみに、あなたも「トイレ掃除をしよう」とか「ブログをやろうよ」って話じゃないからね。わかってると思うけど!

いいね!と思ったらシェアしてね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする