ギリギリのサバイバル生活を乗り切る!お金の使いどころと浮かせどころ

いいね!と思ったらシェアしてね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も無事に一日を過ごすことができました。神様有難う御座います!

どうも、嫁のルイです!なかなか旦那、登場しないでしょ。なんかねー、もう旦那にこのブログの話をする気さえも失せてきたので、しばらく放っておこうと思う。でも、会社を辞めたら強制的に書かせるよ。

いよいよ今週中には、旦那のこれからの方向性が決まりそう!今月末で会社を辞め物販ビジネスに乗り出すのか?はたまた、物販の話は白紙となって今いるブラック企業に居続けることになるのか?!…どっちに転ぶか、お楽しみに♪

さてさて、サバイバル生活を繰り広げている我が家にとって、一寸先が闇なのは旦那の仕事ばかりじゃない。私の収入も浮き沈みが激しいし、月末が近くなると今月の支払い関係をすべて乗り切れるのか、いつもドキドキハラハラだ。

今日は、生々しいお金の話だよ。文字通り「火の車」の家計ってどうなってるのか、そんな中での私のお金の使いどころと浮かせどころについて、ざっくり書いてみた。気楽に読んでくらはい。

学校関係の支払いで苦しむ我が家は、節約ができない

毎月の支払いの他に、今月は学校関係の支出がドカッとくるので月末が非常に危うい。なんでまとめてくるんだ、ちょっと分散させて欲しいす。給食費払えない…とかなったらホントしゃれにならないよね。いじめられないように、強い子に育てなきゃ!

今月はこれから私の単発の仕事が入る予定で、その報酬は多分すぐに振り込まれそうなの(基本前払いしてくれる社長さん^^)♪それが無事に成約すればそこそこまとまったお金が入る予定なんだけど、今はまだ確定じゃない。「お金が入る予定」…って直前でひっくり返ることがいくらでもあるから、口座に振り込まれるまではアテにしない方がいい。

ちなみに、私は「節約」という言葉が大嫌いだ。というか、もうすでに我が家は「節約」とかそういうレベルじゃなくなってるので、チマチマと1円10円単位の話をしている場合ではないのだ。数万、数十万を、今月中にどう作る?どう調達する?!…の世界でして。ワイルドだろ~w

そりゃ、新婚当時は『素敵な奥さん』とかに出てくるような賢い主婦に憧れて真似してみたことがある。封筒にその月の予算分けしたお金を入れておいて、その中でやりくりする…とかね。

でもそれは毎月〇十万円という決まった金額が入ってきて、収入と支出のバランスがちゃんと取れてる家計だったら成り立つ方法であって…。もはや、いくらの収入が確保されるか、支払いがどのくらいあるのか、その月によって違い過ぎてやりくりとかどうでもいいレベル。「ヤバイ、月末までに20万足りないんだけどどーする?!」…的なことになっちゃってるから、『素敵な奥さん』風とかやってる場合じゃないよね。

でも、私も一応やりくりと言うか、お金の使いどころと浮かせどころってのはあって、「このお金はケチらない、ここはケチる」っていうのを決めてたりする。

お金の使いどころ

私は、「進化・変化・成長」の3つが人生の目的だ。

お金が欲しいのは主にこの3つのため。ここにかけるお金を好きなだけ使えるようになるために、お金を稼ぎたいという欲求が生まれているんだと、最近しみじみ感じている。

お金を生み出すためのものには、お金を使う

一番ケチらないのは、今後も一緒に仕事をしていきたい人との交流や活動に必要な経費かな。

例えば、地方で次のチャンスに繋がるような集まりに呼ばれたら、行く。お金がなければ夜行バスででも行く。で、次の展開もしくは仕事に繋げて帰ってくる。

本・勉強代

最近は「学ぶための学び」はやめた。即仕事に活かせる(=お金になる)ことを学ぶ。だから、仕事の質を高めるために必要な本代や、仕事のコンテンツに活かせそうなセミナー受講費などは出来る限り頑張って工面している。

服と靴

高いものを買う、というわけではない。むしろプチプラの範囲内だと思う。

でも、いくらサバイバル生活中とは言え、人と会う時や仕事に行く時にヨレヨレだったり毛玉できてたり、靴がボロかったりすると、はっきり言って色んな意味で「負ける」自分が情けなくなり消極的になってしまうんだよね。そんなことで損したくないので、できるだけピシっとしておく。

今流行りのレンタルファッションサービスは秀逸!この発想はすごくいい。所有したくない私には最高のサービス!クローゼットに着ない服が増えるのはムダとストレス以外の何物でもない。

靴は、ガシガシ歩くので、「足が痛くならない」を一番の条件にパンプスを選ぶ。踵が減ったら、すぐ買い替える。

野菜と玄米

食費の中でケチりたくないのは、ここ。肉や魚を減らしてでも、野菜と玄米は良いものを買う。取り寄せたりもするし、減農薬とかにもこだわる。

でも、実際のところ農家さんから直接送ってもらう方が、いいものが安く買えることが多いよ。特に東京に住んでると近くのスーパーは高いしね。だったら、新鮮なものを直接生産者さんから買うのが賢い。そしてそれを大事に頂く。

美容院

昔は、〇ルーポンとかでクーポンジプシーして美容院代を浮かせたりしたけど、それはもうやめた。美容院だけは、自分が気に入っているところに通ってる。そのためのお金はちゃんと確保しておいてそれなりにお金を使っている。

どうも髪型が気に入らないと色々上手くいかないし、人と会うのも嫌になる。一度切って失敗するとその後1~2ヶ月はそのままでいなきゃいけないでしょ。そんなことで長期的にモチベーションを左右されるのは面倒なので、信頼できるスタイリストさんにお任せするのが安心。

お金の浮かせどころ

これは、女ならでは、と思うけど「美容代」をいかに浮かせるかにかかってるんではないだろうか。好きなだけ使ってたらいくらあっても足りない部門。でも私は量より「質」重視で、「美容院」代以外は、かなり浮かせてる。

基礎化粧品

女性にとって、もっとも差が出るであろう支出のNo.1は「化粧品代」じゃなかろうか?オンナなら必ず何かしらの化粧品はみんな使っている。特に一番お金がかかるのは「基礎化粧品」だろう。

その価格帯は、一アイテムにつき、数百円~数万円までと幅広い。使うアイテム数も人それぞれだしね。クレンジング、化粧水、乳液、美容液、クリーム+@と、一通り同じブランドで揃えて使う人が多いのでは。

そして、何より年齢が上がれば上がるほど、化粧品代も上昇する。何しろ私もアラフォーですからねぇ。お高い化粧品を駆使してでも、老化を食い止めるのに必死こいてますわよ、オホホ。

…と言いたいところだが、実は私のスキンケアは超シンプル!

一本でメイク落としからボディまで全身洗える天然成分のクレンジングと、洗顔後一つでOKの天然成分で作られたビタミンジェル。…以上!

合計で1万もしない。どちらも3ヶ月以上は持つけど単純に3で割ったとして、月に3000円でおつりが来る。アラフォーにしては結構安上がりな女よね(笑)

言っておくが、ドラッグストアで買うような原価0に近い商品ではない。昔エステティシャンをしてた私は様々な美容のプロ向け展示会に赴き、こだわりにこだわり抜いて探しまくった挙句にやっと巡り会えたサロン専売商品なのだ。惚れ込んで、それからかれこれ10年以上その化粧品を使い続け、周りの友人などにも分けたりしてる(だから実際は私の仕入れ価格はもっともっと安い)。

本当にいいものは、高いものじゃない。特に化粧品は有名ブランド程、価格と原価の差がものすごいから、注意だね(こういうことを詳しく書くと炎上するから、やめとく)。

ネイル

昔は、ネイルサロンに毎月通ってたなーー。。。今でも好きよ、ネイルしてもらうの。

でも今は地爪磨きに凝ってます♪自分の爪がピカピカ光ってるだけで、気持ちは上がる。しかも自分で出来るから、ケア代はタダ!

エステ

元エステティシャンの私。自分がエステを受けるのは、友達から「新しい技術を練習したいからモニターになって~」って連絡があった時くらい。だから、タダ

まとめ

なんか、もう物欲とかあんまりなくて。知識欲、成長欲ばかりがどんどん大きくなってる感じ。だから形あるものにはほとんどお金かけてないな。服もほとんどレンタルだし!

とにかく「所有を減らす」っていうライフスタイルが今すごく心地いい

東京に出てきた時に車は売ってしまった。だから、今、車は持ってない。東京にいたら何の不便も感じないけど、たまに必要な時は「カーシェアリング」を利用してる。乗りたい時だけ乗るから超気楽。

あー。持たないって、自由だ。(持ち家という、一番大きな物を所有してしまっているからこそわかる、持つことの重み…。)

今日は、思いつくままに、お金の使いどころ浮かせどころを書いてみた。改めて自分のお金の使い方を振り返ることができたな。もっとあるかも知れないので、気づいたら付け加えていくね。

いいね!と思ったらシェアしてね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする