だ、旦那が…ついに目覚めた?!売上爆発?!目指せスーパーせどらー!旦那のせどり実践記【2ヶ月目~4ヶ月目】

いいね!と思ったらシェアしてね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、嫁ルイです。

すっかり日の当たらない場所に引きこもり続けていたら、あっという間に年末になってしまいました。あ、もちろん仕事には行ってますよ、仕事には行ってるけど、やるべきこと(未来に続く行動)が全くできてない自分。まさに「迷走中」。そして「逃避中」(むしろ逃走中)。

そういう時って人の手伝いばかりしたくなるんだよね。そんなこんなで人の事業の立ち上げの手伝いやら何やら、そんなことばっかりやってたここ数ヶ月。

9月~12月上旬までの私は「自分の人生」を生きてなかったな。「他人の人生」に乗っかって、何となく役にたってる感を感じて満足する…自分を勘違いさせて誤魔化すという典型的逃避パターンに陥ってたのであ~る。(←わかってるならちゃんとしろよ。)

というわけで、日々の小ネタは溜まりまくってるのに全く更新していなかったので、久しぶりに最近のサバ家の様子を書いておこうと思う。

こんな迷走状態の私が悶々としている中、旦那の転売(せどり)がその後、どうなっているかというと…。

これが、予想以上に「爆発」しているのであ~る!!!(サバ家に希望の光が!?)

2ヶ月目にして一気にブレイク!せどりで月商250万突破

前回、旦那について書いたのは8月下旬。物販(せどり)をスタートしてちょうど一ヶ月経った頃だった。その時の記事を見てみると、「売上50万くらい」。

数ヶ月後には売上100万円を超えるかも(もちろん師匠と二人三脚で、です)、と書いていたが、どうなったかと言うと…

2ヶ月目にはあっさり100万をはるかに超えて、「250万円超」になった。

一ヶ月目、右も左もわからない中、毎日送られてくるLINEのメッセージは「今日も見つからない。やばい。」とか、「やっと仕入れられたけど、売れたら1000円くらいの利益。」とか、そんな感じだった。

少しずつ仕入れられる品数が増えていくものの、まだまだ自分の給料がもらえるレベルにはほど遠い。仕入れが出来なかった日の焦りは半端ないらしく、「本当にこんなんでやっていけるのかな…。」と不安にもなりながら、でもやると決めたからやるしかない。師匠に日々怒られながら、朝から晩まであちこちの店を足を棒にしながら回っていた。

そしてニケ月目、師匠の教えの通りに動いていた中、ある日の仕入れで旦那の脳内リミッターが外れた、らしい。そこからどんどん仕入れが出来るようになった。

3ヶ月目は月商350万、そして4ヶ月目には450万超え!!

そこから、どんどん勢いに乗ってくる旦那。

ある時は爆買いしすぎてその店は出入り禁止になる…という「せどらーあるある」も体験しつつ…。

3ヶ月目には月商350万超、そして4ヶ月目には月商450万円を超えた

師匠が設定していた目標値を達成し続けることが出来ている。成果が毎月、毎週、毎日、そして数分毎に「売上」という形で目に見える成果として現れる。はっきりと数字に現れるのだから厳しい仕事だけど、成果が出ればそれだけやりがいが生まれる。

旦那の仕入れ数もどんどん増えていき、カートに一杯の画像とかをよく嬉しそうに送ってくる。まさか旦那がこんな短期間にいっぱしのせどらーに成長できるとは…。正直もっと時間がかかるのかと思っていた。だって難しそうだもんねー!(他人事w)

4ヶ月超えた頃には、「ちょっとは師匠の言っていること(本質の部分)が理解できるようになった」と言い出した。それは素晴らしいこと!実践の中から本質を理解できるって素晴らしい。

そして、感覚としてはまるで「ゲーム」だって。毎日ゲームやってるみたいだ、と。なんかね、めちゃくちゃ忙しそうなんだけど、顔はニヤニヤしちゃう感じ。むしろ休んでいられないみたいで、家にいても売上が気になって仕方なくて「また売れた」「あれも売れた」と楽しそう。

ブラック企業にいた頃の、どんよりして希望のかけらもなかった旦那とは別人だ。

数ヶ月前には想像も出来ないような成果、数ヶ月前とは全く違う毎日。そして未来への希望と確信。数ヶ月で人生って本当に変わるのかも知れない。「今日」を全力で生きている旦那は、別人のようだ。

旦那がせどりで成果を出せるようになったワケは『神話の法則』…嫁の勝手な見解

旦那がこの4ヶ月間、目標を達成し、そして5ヶ月目も成果を出している理由はなんだろう。端から見ている嫁の私による勝手な見解を書いてみようと思う。

まずは、「本物の師に出会えた」こと。この出会いが旦那の運命、人生を変えたと言っても過言ではないだろう。

世のいわゆる『神話の法則』通り、旦那はうだつが上がらない人生(旦那、ごめん^^;)を歩んできたが、ある事件(参照:なぜか200万円を旦那が肩代わりさせられた話)が起きた事で面白みはないが平穏な人生であればという望みを絶たれ、そこから更に波乱万丈の日々が始まって大きな挫折や失敗を経験し、経済的にもどん底に陥る。アイデンティティクライシスにもがきながらもう後がない状態の中、ふとしたきっかけで今の師との出会いがやってくる。

その時、人生の選択に迫られる。やるか、やらないか。

やると決めた後も、様々な引き留めやトラブル(参照:旦那ブラック企業退職に向けて…引き留め工作を100%乗り越える秘策)によって元の人生に引き戻されそうになりながらも、ギリギリのところで今の仕事を掴み取る(実際、もう少しのところで今回の話は白紙になるところだった。本当にギリギリだった。チャンスの神様には前髪しかないのだ。)

そこから修行の日々の始まりだ。

旦那は完全なるド素人なので、師匠の教えを忠実に何の邪念も挟まずに動くのみである。しかし、人生経験の浅い20代の若者ならまだしも、40代のいい歳したおっさんが、全てのプライドを捨てて言われた通り素直に行動するというのはある意味とても難しい事なのだと思う。それができるのは、旦那が今まで多くの苦労や失敗から、身をもって(痛い思いをして)学んできたからに違いない(まさにサバイバル生活の賜物だわッ(笑))。

旦那は、とにかく「忍耐力」と「継続力」が凄いのだ。馬鹿の一つ覚えみたいに、言われたことを忠実に実行し続ける事が出来る(マジ尊敬)。

ただし「応用力」がちょっと足りない…。だけど、応用力は時に、人から何かを学ぶ際に邪魔になることがある。「もっとこうしたら効率的ではないか」「これがこうなら、あれもこうなのでは?」とかってよく気が付く人はどんどん自分流のアレンジが出来ちゃって、自己流のやり方をすぐに確立していくことができる。ただし、そうなると再現性は低くなってしまうので、師匠がやって上手くいったやり方をそのまま習得することが出来ずに終わってしまうのだ。

自分の価値観を一切加えずに言われた通りにやる、つまり「守破離」の「守」の時期は、実は旦那のようにとにかく「気が付かない」「気が利かない」人の方が(けっして悪口じゃないッス!!)、時間はかかるが確実に習得出来るのかも知れない。

さらに、技術の仕事をしていた時に身に付けたこと、営業の仕事をしていた時に身に付けたこと、経営に関わっていた時の苦労や経験が、今になってから全て繋がって役立っているんだとよく言ってる。全然せどりには必要なさそうだし関係なさそうだけど、実は旦那が師匠から教わっている手法はどうやら「普通のせどり」とはちょっと違う思考らしくて、そういった色んな仕事の経験がないと難しい部分もあるようだ。あまりやっている人がいない方法、というか独特の考え方に基づいている手法なんだって。「うちの師匠は本当に凄すぎる。あんな人いないよ。マジで凄いよ!」といつも言ってる。

本物の師匠に出会えたこと、旦那がそのチャンスを掴んだこと、今までの失敗や挫折の中から様々なアイテム(経験、思考)を手に入れていて、それらの点と点が全て繋がったこと。そして師匠の教えの通り素直に実行し、行動し続けた事。

だからこそ、たった4ヶ月で月商400万超えをして、5ヶ月目には1000万超も夢ではない(ま、年で一番売れる月ではあるが)…という成果を体験できているのだろう。

もちろん、今はその序章に過ぎない。これから更に次のレベルに行くための試練や挫折や失敗が数々待ち受けているのだろう。そして、きっと乗り越えていくに違いない。

おわりに

ちなみに旦那は今、倉庫兼事務所に寝泊まりしているので、ほぼ家には帰ってこない。週に1日程、何とかして子どもの顔を見に帰ってくる感じだ。ま、家が狭いのでちょうどいいっちゃいい。

そして、まだ我が家の経済状態は何も変わってなくて、旦那はせどりを師匠から叩き込まれている最中の「ただの弟子」。ドラクエで言ったら、ようやく経験値がちょっと上がってきて、全身の装備を整えられて、遠くの国まで行けるようになったくらいのレベルでしょうかね。給料ももちろんまだ少なくて、サバ家のサバイバル生活は絶賛継続中なのである。

あ!もしかしたらある意味、旦那がやっと狩りに出られるようになったから、本当のサバイバル生活はこれからが本番なのかも(笑)今までは耕す畑もないのに農耕民族だったからね~。旦那が覚醒して狩りに出られるようになった我が家は、ようやくここから「無人島脱出計画」がスタートなのであ~る。

あー、やっと未来に希望の光が…。

さて、旦那は今月1000万突破して、違う景色を見られるのでしょうか。乞うご期待!

いいね!と思ったらシェアしてね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする